ピックアップ

サイン盗みの処罰やペナルティは?高校野球星稜敗退で監督激怒!!

更新日:

こんにちは!もちうさこです

高校野球熱いですね!!

今秋ドラフト上位候補の奥川恭伸投手(3年)を擁する星稜(石川)が習志野(千葉)に敗れましたが、そこにマナー違反となる習志野側にサイン盗みがあったのではないかという疑惑が持ち上がっています

サイン盗みとは何なんでしょう。このデジタルが発達した昨今、そのサイン盗みが立証されるとしたら盗んだ側には何かペナルティなどがあるのでしょうか???

◆関連記事◆
センバツ高校野球イケメン2019!画像記事
佐々木朗希プロフィール経歴紹介記事

サイン盗みってなに?

野球では、捕手は打者より後ろ側に座っているため、本来捕手の出すサインは守備についている選手にしか見えません。しかし攻撃側のチームも、塁上にいるランナーだけは唯一そのサインを覗くことが出来てしまいます

野球ではルール上、不正な手段で相手のサインを味方にリークすることは、スポーツの戦術性を大きく損なうため、ルール違反となっています


野球において、相手チームの間で交わされるサインを読み取り、打者などに密かに伝達する行為を意味する語。

卑怯な行為として非難する意見がある一方で、盗まれるようなサインを行うのが悪いという意見もある。

かつてのプロ野球では双眼鏡や無線通信までも用いたサイン盗みが横行していたという話もあるが、サインの複雑化が試合進行の遅れなどに繋がる、などの声が上がり、現行の規則では禁止されている。

weblio辞典参照

高校野球の周知徹底事項として、

走者やベースコーチなどが捕手のサインを見て打者にコースや球種を伝える行為を禁止する。もしこのような疑いがあるとき、審判員はタイムをかけ、当該選手と攻撃側ベンチに注意を与えすぐに止めさせる。

となっています。

しかし、事後の発覚や苦情申し立てに関しては書かれていませんし、サインを盗むことを悪いとしているわけでもないようで、盗むのも、それを利用するのも禁止されてはいないようです

盗んだサインを他者に伝えるのがダメってことのようですが

投手や捕手がサインを盗んでスクイズを外すのはOK
走者が盗塁を試みるのもOK

のようです。

では何がダメに当たる禁止行為とされるのか?

サイン盗みをやり始めると、バッテリ側も複雑なサイン交換とか必要になるので試合遅延になる可能性が高くなりそれを防止するため

なるほど、盗んで伝える作業、つまり、一球一球にかかる時間が長くなるのを防ぐということで禁止なのですね

なお、ランナーやコーチがサインを見てバッターに伝える行為は禁止されていますが、「すぐに止めさせる」という記述にとどまり、罰則規定は特にないのです

罰則規定のないルールってあるんですね

過去に非難されたサイン盗み

2013年、8月19日に行われた全国高校野球選手権準々決勝、花巻東対鳴門戦

花巻東の攻撃中に二塁走者がバッターに対して、キャッチャーの構える位置を合図したとして、球審が注意する場面があり、そのあと是非をめぐって議論が起こりました

花巻東の監督も、注意された選手も、サイン盗みの疑惑は否定しています。

サイン盗みは是か非か?

フェアプレーを遵守すべきか? それとも勝利のために手段を尽くすべきか?ということは、こういうことがあるたびに議論の対象になっているようですね

高校野球は教育の場ですので、サイン盗みの類似行為は紛らわしいだけでもダメとされるようですが・・・作戦・戦術とは見なされないので、紛らわしい行為とされ注意を受ける…が処罰はないという

個々のモラルに依存したルールということなのでしょうが、いろいろな考え方の人はいますし、この件はルール自体を見直さないといつまでも議論されることになりそうですね

誰が見てもサイン盗みが明らかであるとしても、当人がやってないといえばやったという証拠にならないわけですね

まとめ

真剣勝負をやっているからこそ許せない!
真剣勝負の場だからこそ、やれることはやって勝利をつかむ!

なんだか、どっちも正しい気がします。自分が肩入れするチームかどうかでも印象が違って見えるかもしれません。

高校野球に関しては、勝つために手段を選ばないという考えは違うんじゃないかなってなんとなくおもうね。選手が大事なのか、勝利が大事なのかの話になる。大人である指導者が成長しないといけない時代ですね。

正々堂々という言葉を掲げるのであれば、物もサインも盗みはいけない

せっかく勝ち取った甲子園の切符、高校球児が堂々とのびのびと野球ができて、勝っても負けてもどこか気持ちよくすがすがしいと本人たちが思える野球をしてほしいともちうさこは思います

◆関連記事◆
センバツ高校野球イケメン2019!画像記事
佐々木朗希プロフィール経歴紹介記事

-ピックアップ

error: Content is protected !!

Copyright© もちうさニュース! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.