ピックアップ

番付発表!春場所大関昇進の期待は貴景勝か?家族も期待の昇進条件は?

更新日:

こんにちは!お相撲さんといえばちゃんこ鍋が思い浮かぶもちうさこです!

貴乃花部屋への入門を経て現在は千賀の裏部屋所属の力士「高景勝」

趣味は睡眠という、寝る子は育つを体現したようなお相撲さんですが、この春場所で大関昇進が大きく期待されていますね。

高景勝の人物像や家族などの背景。大関昇進の条件や周りの期待は

わずか20場所というスピード出世で三役に昇進し若手ホープとして常に期待が寄せられていますが、直近3場所で三役に在位した上で合計33勝を挙げているにもかかわらず、その時大関昇進には至りませんでした。

なぜ昇進が見送りになったのか?持ち越された大関昇進は春場所で高景勝のものとなるのか?など高景勝の人物像を復習しながら気になる今後について書いていきますね!

高景勝光信プロフ

1996年8月5日生まれ。 22歳

本名・佐藤貴信

兵庫県芦屋市出身。
父が貴乃花ファンであったことから名前の「貴」は横綱貴乃花から「信」の字は織田信長から

5才から小学3年まで極真空手
私立仁川学院小学校3年から関西奄美相撲クラブで相撲を始め5年でわんぱく準優勝。小学生優勝大会3位。6年で優勝大会3位

報徳学園中学3年 都道府県中学生大会3位 全中優勝

高校は高校相撲の名門である埼玉栄高校に入学

高校一年 宇佐大会3位

高校二年 金沢大会3位 高校総体8強 ジュニア体重別100㎏超級優勝 十和田大会2位 弘前大会優勝 選抜大会3位

高校三年 金沢大会優勝。高校総体8強。ジュニア体重別100㎏超級優勝。世界ジュニア選手権無差別級優勝

2014年 貴乃花部屋へと入門し9月場所にて初土俵、11月場所には序ノ口優勝

2018年10月1日から、師匠貴乃花の日本相撲協会退職に伴い、所属する貴乃花部屋が消滅したため、元小結・隆三杉が師匠を務める千賀ノ浦部屋に移籍

高景勝力士の家族

貴景勝のお父さん  佐藤一哉さん(57才)
不動産業、カラオケ、最近では保育園の経営などをしている空手家

お母さんは、佐藤純子さん(51才)専業主婦
応援に来ている姿の写真がネットに上がってましたが、なんともきれいな女性!美魔女ってやつですね!!

貴景勝=貴信少年は長男一人っ子

お住まいが芦屋ということもあり、いいお家のご出身という感じですね、もちうさこは、うらやましいです。

大関昇進が見送りになったわけ

直近3場所で三役に在位した上で合計33勝を挙げたが
2018年11月場所に上位陣との対戦が少なかったこと、時々見せる引き技など相撲内容が良くなかったこと、千秋楽で大関の豪栄道に完敗したことを理由に大関昇進は見送りとなった[46]。阿武松審判部長は「もう1場所見せていただきたいと思います」と審判部としての見解を示し、さらに2018年9月場所が9勝止まりであったことに触れた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大関昇進への期待

新番付が発表された25日、大阪市生野区で記者会見し「横綱、大関は別格。なってみないと分からない。やることを場所前にやって、あとは腹を決めてやるだけ」と力強く話した。

日本経済新聞より

本人がこう意気込んでる以上期待しないわけにはいきませんね!

大関昇進の条件は

二けた勝利で大関昇進が有力となるようですね。

現在の師匠である千賀ノ浦親方は

「相撲が整ってきている。どんどん力が付いている。いい結果を残せると思う。気持ちが強い、度胸がいい。余計なことを考えずにやればいい。プレッシャーをはね除ける力はある」

と、高景勝関に全幅の信頼を寄せている発言をしています

まとめ

何かとよくない方向のニュースがこのところ続いた角界ですが、こういう若い力が頑張ってるということも忘れてはいけません

国技お相撲、みんなで盛り立てていきましょう!

-ピックアップ

error: Content is protected !!

Copyright© もちうさニュース! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.