ピックアップ

今日の朝9時の影響とは?GPSが混乱した時の対策・対処方法調査!

投稿日:

こんにちは、もちうさこです!!!

なんだか今日2019年4月7日朝9時、何かが起こるかもしれなんですってよ!!

ロールオーバー」 4月2019年7日午前9時GPSがリセットされる

ロールオーバーの意味

GPSは、米国が打ち上げた人工衛星から送られてくる信号を使って、自分の位置を割り出すシステムです。

時間情報は週単位で制御されていますが、一部のシステムはスタートした80年1月6日当時のままで、2の10乗にあたる1024週分(約19・7年)までしか発信されていないのです。

そのため、1024週ごとに時間がリセットされて1週目に戻る仕組みになっている

そのGPS(全地球測位システム)から送られる時間情報が約20年に1度リセットされる「ロールオーバー」が、4月7日午前9時前(日本時間)に予定されているんです!

1999年8月にあった前回は、GPS装置の時刻が狂い、位置情報に不具合が出るケースもあった。スマートフォンは各社「対策済み」で一般的な影響はほぼないとみられているが、国は注意を呼びかけています

20年前の1999年8月にあった前回は、GPS装置の時刻が狂い、位置情報に不具合が出るケースもありました。恐怖の大魔王の噂とともに、おかしなことを言う人も多かったです。

飛行機や船、カーナビなどに積まれたGPS装置で対策がとられていない場合、1025週目と1週目とを混同するなどすることで、機器に不具合が起きる可能性があります。

実際、前回の1999年8月22日には、カーナビや船のGPS装置で対応が間に合わずに多くの不具合が出ました。

今回の「ロールオーバー」の実施で、スマートフォンは各社「対策済み」で一般的な影響はほぼないとみられているが、国は注意を呼びかけていますが、ちょっと心配ですね。

スマートフォンのGPSへの影響は?

この20年間で多くの機種にGPS機能がつくようになったのは携帯電話。

「古い端末でもすでにソフトウェアをアップデートしている」(ソフトバンク)など、携帯キャリア3社は対応済みを発表しています!

ロールオーバーでGPSに不具合があった場合の対処方法

国土交通省航空局は2019年3月1日に、航空会社や業界団体などに「GPSの日付情報がリセットされてしまう可能性があるため、ロールオーバーによる影響の有無をGPS製造者に確認すること」という通知を出しました

航空機器で万一不具合が生じたら、深刻な事故につながりかねないですもんね!!

日本航空や全日空などの各航空会社からはすでに、「対応済みで影響は出ない」と連絡が来ているそうです。

ロールオーバー関連の挙動についてはフルノのドキュメント (←クリックでPDFが開きます) が、詳しく解説してくれています。

まとめ

実際のところ、GPS時間がリセットされたあと確認するしか方法はないですが、 過去の経験から各社大手でGPS通信を利用している会社では対策済みとのこと。

この言葉を信用するとすれば、大きな混乱はなさそうですね!!

-ピックアップ

error: Content is protected !!

Copyright© もちうさニュース! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.