ピックアップ

J1サガン社長は佐賀市副市長に働きかけ?畑瀬副市長が予算流用で引責辞任!

更新日:

佐賀市のプロバスケットボールチーム「佐賀バルーナーズ」の練習場として利用される旧市立富士小体育館の改修工事を巡り、畑瀬信芳副市長(60)が主導して市予算を流用した問題が浮上し、サッカーJ1・サガン鳥栖の運営会社「サガン・ドリームス」の竹原稔社長(58)との癒着が疑われる事態に発展している。畑瀬氏は便宜供与を否定する一方、市政を混乱させたとして18日付で副市長を引責辞任。事態の幕引きを図りたい意向だが、市民から疑惑の追及を求める声がやまない。 
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

J1サガン鳥栖社長と「佐賀バルーナーズ」の関係は?副市長は何を頼まれたの?鳥栖社長の責任は?

・「佐賀バルーナーズ」とはなんぞや

「佐賀バルーナーズ」がなんなのか、もちうさこ知らなかったので調べました。

佐賀県佐賀市を本拠地とする男子プロバスケットボールチームでBリーグ参入を目指し、2018年にB3リーグへの準加盟が認められたバスケのチームなのですね。

・なんでサッカー屋さん社長がバスケ屋さんのために?

そのは株式会社サガスポーツクラブ「佐賀バルーナーズ」の社長が「竹原哲平」氏、そう!サガン鳥栖竹原稔社長の息子さんなわけですね。なるほど~

 

・こんなことを頼まれてた?!

畑瀬氏は、サガン鳥栖の社長である竹原稔社長(58)に、佐賀バルーナーズ設立前年の17年、竹原氏から昼食中に「プロを目指すチームを作りたい。練習場を探している」と打診されていました。

そこで、畑瀬氏は18年2~3月にかけて、市民会館を解体した残金などの余った予算を集め、佐賀市のプロバスケットボールチーム「佐賀バルーナーズ」の練習場として利用される旧市立富士小体育館の耐震補強などの改修をしたのです。

で、畑瀬氏はそのことを同3月、6月の定例市議会で説明していなかったんですね。そして同9月の市議会で問題が発覚し「どういうことだーーー!」ってなっちゃったのです。

総務委員会では、竹原氏との関係が「民間との癒着、利益供与の疑念を与えた」と問題視され、同10月には関連費用を盛り込んだ17年度決算が市政初の全会一致で不認定となりました。まぁそりゃそうですね。

・打診した鳥栖社長の責任は?

サガン鳥栖社長竹原稔社長(58)

 

「陰で会っていたわけでなく大勢で会っていた。」「関係ない。責任を取ることじゃないし、責任を取ったらおかしいでしょう」と自分には責任はないと言ってます。

一部では食品会社社長を務める畑瀬氏の妻と鳥栖の竹原社長が、佐賀市内の飲食会社の取締役に名を連ねてることなど、仲良しを匂わす関係性が報じられているようですね。

無関係とは言い難いんじゃないかなーってもちうさこはちょっと思います。

「息子がバスケチームの社長じゃないか」と指摘されると、「それが悪いというなら辞めてもいい。サガン鳥栖も両方とも。もし辞めろという声があるなら辞めますよ」と開き直った発言・・・。

サガンと佐賀市の件、Jリーグからの制裁はあったりするのでしょうか?

まとめ

親心からの行動だった(かも)とはいえ、それに関与した人や家族の人生の方向が変わってっしまう出来事になってしまいましたね。

市政と関係なく、サガン鳥栖の皆さんには頑張って欲しいですし、士気に影響しないといいなぁと思います。地元のサッカーファンたちはどういう気持でこのニュースを見たんでしょう・・・。

みんなの代表である市政の人、いろんな付き合いや感情や、思うところはあるかもしれないですが、何か行動を起こす前には報連相は基本です。

-ピックアップ

error: Content is protected !!

Copyright© もちうさニュース! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.