ピックアップ

荒井広宙(あらいひろおき)プロフィール経歴と嫁や子供と富士通移籍理由も調査!

投稿日:

こんにちは!!もちうさこです!!!

新元号で世の中なんだかにぎわっている今日ですが、もちうさこ、2020年のオリンピックも気になるの

富士通陸上部の加入選手の取材があったというじゃないの?

そこに、競歩メダリストの「荒井ひろおき」さんがいると聞き、気になったので、移籍の理由や、家族の事なんかも、もう一度調査調査!!

荒井広宙(ひろおき)さんのプロフィールと経歴

生年月日 1988年05月18日生まれ 2019年4月現在 30歳

所属 富士通陸上部

出身地 長野県上高井郡小布施町

身長/体重180cm/62kg

出身校 小布施中学校(長野)
    中野実業高校(長野) 高校二年の時に競歩を始める
    福井工業大学 

大学卒業後、石川県内の民間ホテル(北陸亀の井ホテル)に所属
2011年世界陸上競技選手権大会50km競歩に出場 10位

2013年 自衛隊体育学校に所属
2013年 モスクワ第14回世界陸上競技選手権大会  50km競歩 11位
2015年 北京世界陸上競技選手権大会 50km競歩 4位入賞
2016年 リオデジャネイロオリンピック 50km競歩日本代表に選出 3位

※レース終盤に競っていたカナダのエバン・ダンフィー選手に荒井選手が接触し、3位でゴールしたものの一度はレース後に失格の処分

その後日本陸上競技連盟側が処分を不服として上訴し、国際陸上競技連盟の理事5人の裁定により一転し、荒井が日本競歩界初の銅メダルを獲得

埼玉県から彩の国功労賞を受賞。

2017年 ロンドン世界陸上競技選手権大会  50km競歩 2位

荒井広宙(ひろおき)さんの家族・妻・子

ご家族は、父・康行さん、長男・英之さん、次男・康徳さん、で、広宙さんは三兄弟の三番目ですね
お母様は2015年に63歳で他界されています。

3人兄弟の末っ子を応援しようと、沿道に長兄英之さん(37)と次兄康徳さん(33)が駆けつけた。兄2人はレース終盤、卵巣がんで死去した母の遺影を弟に見えるように掲げた。

なんかこのコメント書いてて泣けてきちゃった↑

30歳である荒井広宙選手ですが、結婚しているのか調べてみたところ、そういった情報は見つからなかったです。

荒井選手の応援団にはいつもお父様の姿がありますが、奥様やお子さんが出たということはなかったので、独身なのかもしれないですね。

荒井広宙(ひろおき)選手の移籍理由

2019年4月1日、 富士通陸上部の新加入選手が都内で取材を受けました
荒井広宙さんは「新年度になり、新しい元号も発表された。新たな気持ちで2020年東京五輪へ頑張っていきたい」と新天地での抱負を語りました

30歳の荒井選手は1月で自衛隊を退職し、富士通に籍を置く「今村文男・日本陸連五輪強化コーチ」の指導を仰ぐため移籍しました

指導してほしいコーチが富士通にいたのですね。東京オリンピックでのメダルに向けて本格的な活動に入ったということでしょうか

まとめ

ロンドン世界陸上で2位の活躍を見せた荒井広宙さんのことについて、経歴やご家族のことなど書いてみました!!

マラソンや短距離などに比べれば、目立つ競技ではないかもしれませんが、細かなルールの中で形を遵守しながら歩かなければならない見かけ以上にかなり過酷な競技。選手個人の持つ資質も重要だと思います

東京オリンピックに向け、新天地で練習に励みいい結果を残してくれると信じています
間違いなく今後も活躍されることでしょう!!!

-ピックアップ

error: Content is protected !!

Copyright© もちうさニュース! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.